2012年12月30日

昆布と生姜の煮物

昆布は端の昆布を使いました

北海道産の昆布が様々な形で袋に入って¥298(多分280g)
これを適当に手でちぎり

生姜は千切りにしてから水で何回かアク抜きをします

鍋に昆布、生姜入れて水をひたひたぐらいにして

塩 小さじ2杯  醤油大 さじ3倍  メープルシロップ 大さじ1杯

これを全部入れて後はただ煮込むだけ

水をたくさん入れないので時々上下をかき混ぜたほうがいいです
自分の好きな昆布の柔らかさで出来上がりです

ご飯が進みすぎるくらいに美味しいです

簡単だし 美味しいし

もし佃煮のような物にしたかったら、醤油、メープルを増やせばそのようになります

お正月料理の1品としても使えると思います

昆布と生姜 これが絶妙な味を引き出してくれますIMG_1910.JPG

posted by にこにこちゃん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キムチ風白菜の即席漬け

今は葉っぱ類が高くて大玉で¥300という白菜に大活躍してもらおうと

キムチのような時間と手間のかかるものではなく簡単が取り柄という物IMG_1907.JPG

材料は白菜とニラ

それに前に紹介してあるだし醤油(にんにくと生姜のすりおろしに醤油を入れたもの)

これだけ

白菜は少し小さめに切りニラも小さめに(ニラの分量は少ないほうがいいと思います)

少しの塩でしっかりともんで

水を絞ったものにだし醤油を入れてよくかき混ぜたらおしまい

サラダ感覚でたくさんいただけます

体の中の大掃除にも役立つ白菜
今の時期たくさん食べたいですね
posted by にこにこちゃん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

生姜の砂糖菓子

茹でこぼしの生姜汁と、生姜糖の砂糖を使って飴を作ろうと

材料は きび砂糖(生姜糖の残った砂糖も入れます) 1カップ
    水    半カップ(すごくいい加減でできます)

つくり方
火にかけます
最初は細かい泡が出てきますIMG_1893.JPG

次に泡が変わって、少し大きめのブツブツという感じにIMG_1895.JPG

次にかき混ぜているヘラに重みを感じるようになり、鍋の周りがちょっと砂糖がついたようになったら
火を止めますIMG_1897.JPG


アルミホイルを引いて、ペーパーにオイルを染み込ませた物でふきます。(これは最初に用意していたほうがいいです)

このアルミホイルに一気に鍋から流し入れます

もしまだ早かったらかたまりません
その時はもう一度火にかければ大丈夫
しっかりと火にかければべっこう飴のようになり、そこまでではなく火を止めれば市販されているような生姜飴になります。IMG_1899.JPG

これを適当な大きさに割って御終い

なんだかとても懐かしい味がしました

とにかく食べ過ぎに注意です

ダイエットのブログなのに
これはちょっとあまりダイエットには向かないレシピでした

でも市販されている物を買って食べるよりはかなりいいかも

あまり砂糖は摂り過ぎたくはないですが
たまには食べたいと思うときにいいかな
白砂糖はやめましょうね









posted by にこにこちゃん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生姜糖

頂いた生姜糖の味が忘れられずに、かと言ってこれでもかというほどの白砂糖が気になし

よし作ってみようと

色々探しまくって

結局は自分なりにでしたIMG_1891.JPG

見た目はちょっとという感じかな(茶色い)
材料
生姜 好きなだけ(今回は350gありました)
きび砂糖 生姜の80%(今回は280g)
水はひたひたぐらい

たったこれだけで美味しい生姜糖が出来上がります

つくり方
汚れをとっていたんだところだけをとって(皮付きのままです)薄くスライスします
ピーラーもいいのですが、生姜は繊維があって包丁の方がやりやすかったです
水を取り替えながら何回か洗います

次は生姜をゆでこぼします
この回数で辛味が決まってくるので、ちょっと味を見ながら自分好みの味を探したほうがいいと思います
今回は5回ぐらい茹でこぼしたのですが、結構辛味はありました(でもいくら食べても食べたいと思うほど美味しかった)

この茹でこぼしの水を取っておいてべっこうあめも作りました(後で紹介します)

鍋に生姜を入れたらひたひたぐらいの水を入れます。
そこに砂糖を入れて火をつけます
後はひたすら待つのみ
時々かき混ぜながら焦げないように様子を見てください
だんだん粘り気が出てきてちょっと大変になってきました
そこからもう一息
粘り気がなくなってきて粉を吹いたようになった瞬間に火を止めて
濡れ布巾の上に鍋をおろしぐるぐるかき混ぜます
見事に粉が吹いたようになってきたら出来上がり
バットの上などに広げて完全に覚めたらジップロックなどに入れて冷蔵庫に

分からないこと、質問などがありましたらコメント欄に入れてくださいね



posted by にこにこちゃん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

玄米の炊き込みご飯

圧力鍋を変えてからご飯が美味しすぎて毎日食べています
ちょっと食べ過ぎているかな・・・・・

でも健康で よく寝られてよく食べられてよく仕事をする
これは最高に幸せなこと

今日は切り昆布を使った炊き込みご飯の紹介です

材料
玄米 2カップ(よく洗ってください。美味しさが違ってきます)

水 2と1/4カップ(この水加減は平和の圧力鍋を使っての分量ですから自分の使っているお鍋に合わせて下さい)

ごぼう 1本(斜めにスライス、ちょっと厚めの方が美味しいかな)IMG_1886.JPG

人参 1本(これも斜めのスライスです)IMG_1887.JPG

切り昆布 10g(洗って水を切って適当な大きさにカット)

切干大根(洗って水をよく絞って適当な大きさにカット)

生姜 2片(千切りにして水でよく洗う)

塩 小さじ1

醤油 大さじ1

玄米を圧力鍋にセットして塩、醤油、他のすべての材料を入れて蓋をして火をつけます
おもりが回ったら弱火にして30分
蒸らし30分IMG_1888.JPG

出来上がったときはこんな雰囲気になります
よくかき混ぜて下さいIMG_1890.JPG

ある程度溶けている材料などもありあすがすごく美味しです
この分量で二人で無くなってしまいます
美味しい
なんだか最近は加熱の分量が少し多いかなと思いながら
果物で酵素を十分にとっているからいいか・・・

こんなにお米を食べたことは今までなかったかもしれない
5キロ買えばかなり持っていたものが今は10キロをひと月かからずに食べてしまう
日本人でよかった なんて思いながら
美味しいものに感謝です

完全玄米菜食に変えてからもうまる4年以上経ちました
それまでの食事を続けていたら今の食材などには出会えなかった
それまでよりも食材の量は増えてます そして美味しいものにもすごくたくさん出会えています

本当に感謝です














posted by にこにこちゃん at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする